『Luminar4』で写真にウォーターマーク(コピーライト)を付ける方法を紹介【luminar 使い方】

コピーライトを付ける理由

本来は、写真を撮った人に著作権があるので、わざわざコピーライトを付ける必要はないのです。
ただ、現実問題、コピーライトがない写真はフリー素材と受け取ってしまう方もいるようです。

せっかく撮った写真が知らないところで、無断転載されていたら悲しいですよね。
そんなわけで、Luminar4を使ってウォーターマーク(コピーライト)を付ける方法を紹介していきたいと思います。

オーバーレイ機能を利用する

エクスポートと同時にコピーライトを付ける方法は、現状Luminar4にはありません。
なので、オーバーレイの機能でコピーライトを付けていきます。

それでは、やり方について記載していきます。
全部で3つの手順を実行すると、簡単にウォーターマークを付けることができます。

①レイヤーにコピーライト画像を追加する。

まずはじめに、レイヤー編集画面でレイヤーを追加します。
コピーライト名が書かれた画像を挿入していきます。

②レイヤー変換でサイズを合わせる。

①でレイヤーを追加したら、レイヤー変換でサイズを合わせていきましょう。
サイズを合わせたら、好きな場所に配置しましょう。

③背景を透過させる。

先ほどまで、背景が黒かった「Copyright-Yuto&Mee」を文字だけ透過させました。
ブレンドから背景が透過するものを選びましょう。

下では、Screenを選択しました。

コピーライトを入れた写真がこちら!

問題なく、コピーライトが入っています。
このひと手間が、写真を無断転載から救ってくれるかもしれません!

終わりに:Luminar4をまだ持っていない方へ!

購入時にプロモーションコード「YUTOMEE4」と入力すると10%割引で買えるので、
是非ご購入を考えている方がいましたら、使ってみてください!

別記事で、Luminar4の購入方法についてまとめています。
良かったらご覧ください。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
Luminar4の魅力について、今後もブログで書いていきます!

スポンサーリンク
Yuto&Meeの最新情報