【自作PC】PCを自作する3つのメリット!

自作PCとは?

 
Mee

自作PCってなんか難しそう…
買うのとは何が違うの!?
 
Yuto
今日は自作する3つのメリットについて説明するよ。
Meeのパソコンも、僕が作った自作PCだよ。

価格が安い!

まずは1つ目のメリット!


なんといっても価格が安いのです。
例えば、Meeが使っているPCの構成は下の通り。

  • CPU:Core i5 8400
  • GPU:GTX1050ti
  • メモリ:DDR4 2400 8GB×1
  • マザーボード:ASUS Intel H310 LGA1151
  • PCケース:Thermaltake Versa H18
  • SSD:Samsung 860 EVO 500GB

そこそこのスペック※1 でAmazonでの購入でそろえた場合、6万円程度です!
※1 最新のCall of Dutyや、Fortniteなどの人気ゲームが楽しめる。

さらに、自作PCは、パーツを一つ一つ選んで作っていくため、不必要な性能を削ったら、削った分だけ安くなります。
ゲームをしなければ、グラフィックボードもっと低スペックにして価格を抑えて…などといった工夫ができるわけです。

同程度の性能のデスクトップパソコンを普通に購入すると…
8万~10万ほどかかってしまいます。

カスタマイズ性が高い!

2つ目のメリット!

自分で好きなパーツを買って取り付けられます。
PCに必要なパーツは以下になります。

  • CPU
  • メモリ
  • マザーボード
  • PCケース
  • グラフィックボード(ゲーム・動画編集やる人向け)
  • HDDかSSD

これから、ブログ内で、おすすめパーツをどんどん紹介していく予定です。
カスタマイズ性というと、組み立てることを意識するものですが、修理やパーツ交換、パーツのアップグレード等も自分の好きなようにできるのです。

既製品を購入すると、例えばメーカー専用のマザーボードで、これに対応する部品がないなどの心配がつきものですが、そういった煩わしさから解放されます

「メモリを4GBで組んだけど、やっぱり8GBほしい」となったら、4GB分のメモリを購入して取り付けるだけです!仮にCPUが故障したら、簡単に取り替えることもできます。
(滅多に壊れませんが…)

デザインが良い!

最後に3つ目のメリット!

最近のPCケースには、本当にたくさんの種類があります。
例えば、PCケースのサイドパネルが透明になっていて、

  自分の選んで取り付けたパーツを見ることができたり…
  RGBファンの効果でパソコンがカラフルに光ったり…

こういったことができるのも、自作PCの醍醐味だと思います。
下の画像は僕の自作PCです!
また別の記事で、僕のPCスペックについては紹介していきます!

PC作ってみませんか?

ご興味ある方、ぜひPCを作ってみてください!
当ブログでは、今後おすすめのパーツや、とりあえず作りたい人向けの激安PC構築なども、紹介していきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ではまた!

スポンサーリンク
Yuto&Meeの最新情報