ZEISS社の最強単焦点レンズ「SEL24F18Z」レビュー 【SONY APS-C/Eマウント】

普段はズームレンズ「SEL1670Z」をメインに使用していますが、物撮りやポートレート等、開放F値でトロッとぼかしたいときには、やっぱり単焦点レンズが使いたくなります。

そこで、使ってみて最強だと思ったEマウント用の単焦点レンズ「SEL24F18Z」のレビュー記事を書きます。

ちなみに、メインで使用しているカメラはα6600です。

SEL24F18Zの基本スペック

スペック

以下の公式説明文の通り、カールツァイスレンズならではの優れた描画力に惹かれました。
又、開放F値1.8というのも魅力的ですね。

ツァイスレンズの描写力を存分に堪能できる開放F値1.8の大口径広角単焦点レンズ。最新の光学設計技術により、諸収差を良好に補正し、高い解像感が得られます。最大撮影倍率は0.25倍で、高い近接撮影能力を備えています。また、レンズ内モーターとインターナルフォーカシングによる、スムーズで静粛性の高いAFを実現し、動画撮影にも威力を発揮します。外装はアルミニウム合金を使用した高品位な外観です。

引用:ソニーストア公式ページ

簡単なスペック表です。

製品名:Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA
型名:SEL24F18Z
マウント:Eマウント
焦点距離:24mm(35mm換算で36mm)
最短撮影距離0.16m
F値:1.8-22
フィルター径:49mm
手振れ補正無し
重さ:225g程度
付属フード:花形バヨネット式

α6000を使っていたころは、手振れ補正がないのが、心配でしたが夜景とかも全然大丈夫でした!
α6500やα6600を使っている場合は、あまり関係ないですね。

重さは、他の人気Eマウントレンズより25g~50g程度重くなってます。
僕自身は気になりませんでした。

外観

アルミニウム合金でできた外装はかなり高級感があります。

T*の文字が目立ってとてもかっこいいです。
レンズフードは花形バヨネット
これはα6000に装着しています。バランスも特に悪くないです。
α6600以外の6000シリーズはほぼ同じ形なので参考にどうぞ。

SEL24F18Zの特徴と優れている点

このレンズが優れている点は以下です。

  • 24mm(換算36mm)で広角寄りの単焦点レンズであること
  • 最短撮影距離が「0.16m」

35mmレンズの画角は非常に使いやすい

スマホと同似たような画角なので、扱いやすく、誰の目から見てもいいと思える写真が撮りやすいです。
SEL24F18Zは、※35mm換算で36mmです。

単焦点レンズは、ズームレンズのように画角を自在に変えられません。
例えば、Eマウントの単焦点レンズで迷う場合多くの方が以下レンズと悩むのではないでしょうか。
SEL35F18 (35mm換算52.5mm)
SEL50F18(35mm換算75mm)

どちらも、とても評判が高いですが、中望遠レベルで寄ってしまうので、風景はかなり難易度が上がります。
ポートレートや物撮りには程よいボケ感が得られるのですが。
(これらの画角は、カフェの机の上が半分くらいしか映らないイメージです。)

よって、風景撮影したいという人は、換算で35mm付近のレンズをおすすめします。

※35mm換算
よくわからないという方は、以下記事にて解説していますのでよかったら参考にしてください。

最短撮影距離が他の単焦点レンズより短い

これが、SEL24F18Zが神レンズと言われている理由だと思います。
被写体に思いっきり寄れます。
(高解像度ズーム使えば、焦点距離も稼げるので最強ですね。

上述で例に出したEマウント単焦点レンズ(SEL35F18やSEL50F18)が人気な理由は、ボケ感が気持ちいいからです。

では、SEL24F18Zはこれらのレンズよりボケないの?と心配に思った方もいるかもしれませんがそんなことありません。

一眼のボケというのは、以下によってほぼ確定します。

  • ①F値(開放F値が低いほうがボケる)
  • ②レンズの焦点距離(値が大きいほうがボケる)
  • ③カメラと被写体の距離(被写体に近いほうがボケる)

SEL24F18Zというと…

①F値は開放1.8なのでボケます。
②レンズの焦点距離は36mmなので、確かに52.5mmや75mmより短いです。
③最短撮影距離が他のレンズに追随を許さない0.16m!被写体に寄れます。
(ちなみに、SEL50F18は0.39mで、SEL35F18は0.3mです。)

結論、かなりいいボケ感が得られます。

では、百聞は一見にしかずということで作例をご覧ください。
写真はα6600にSEL24F18Zを付けて撮ったものです。
(物撮りうまくなりたい…)

作例①:SEL24F18Zの物撮りスナップ

かなり寄ってみた写真
高い描画力には感動してます。
十分すぎるほどぼかせます。
玉ボケも綺麗に出ます

作例②:SEL24F18Zの風景スナップ

流石のツァイスレンズで、階調も綺麗です。
広角な風景も撮れます。
夜景もばっちり撮れます。

SEL24F18Zはこんな人におすすめ

こんな人におすすめです!

  • 単焦点レンズで物撮り、ポートレート、風景撮り全てこなしたい人
  • カールツァイスのレンズの描画力が欲しい人
  • 単焦点の醍醐味、トロッとしたボケを手に入れたい人

めちゃくちゃ気に入ってます。
単焦点レンズ選びに迷っている方の参考になれば幸いです。

ズームレンズについても最強の一本をみつけたので、レビューしてます。
良かったらのぞいてみてください!

スポンサーリンク
Yuto&Meeの最新情報