「インスタグラム×ギター演奏」でフォロワーは増える?~開始から約一週間経った状況

こんにちは、Yutoです。
本記事より、ギターとインスタグラムの相性を検証していきたいと思います。
今後も別記事で、経過状況をレビューしていきます。

まずは第一弾としてアジェンダは以下です。

はじめに

突然ですが、Instagram(@Yuto_Gt)を始めてみました。
(↓のような短めのギター演奏や写真を上げてく予定です!)

Instagramを始める前の状況

正直なところ、Instagramをほとんどやったことがありませんでした。
今回は、アカウントを作成するところから始めました。
(これが丁度一週間前)

Instagramでは、タグが重要だということは、なんとなく理解していました。

投稿数が多いキーワードのタグ
 ⇒目に触れる可能性は高いが流れやすい。

投稿数が少ないキーワードのタグ
 ⇒一定の重要とコミュニティ性がある。

この程度の理解です。
これらがあっているかどうかも含め、検証していきたいと思います。

Instagramを始めた理由

このような理由からInstagramを始めました。

  • ギターやDTMのコミュニティに参加したい
  • 自分の演奏に対する反応が欲しい
  • アクティブユーザーが多い

演奏動画をアップロードするだけであるなら、YoutubeやTwitterでもよいのでは?と思っていましたが、

ネックなポイントが二つありました。
 ・フォロワー数とチャンネル登録者数が少なすぎる。
 ・仕事をしながら長めの動画の更新頻度を保てない。

これらにより、演奏動画をアップロードしても、あまり人目に触れず伸び悩んでました。
(それでも投稿を続けていくことが重要なのはわかっているのですが…)

上記の点が、インスタにより改善できるのではないか?と思いました。

フォロワーが少ないことの悩みは、インスタ独特の「ハッシュタグ」と「アクティブユーザー」の多さが解決してくれ、更新頻度が保てないことの悩みは、ショート動画や写真といったコンテンツにより保てると考えます。

ギター動画の毎日投稿を一週間続けた結果フォロワー数は?

投稿の方針

毎日投稿として、最初に試しにやったことは、
 ・以前弾いた、Final FantasyのバトルBGMメドレーを分割して投稿。
 ・関連するロングテールワードやスモールワードからビックワードとりあえずタグ付け

FFのメドレーについては、ブログでも紹介しています。
  【BIAS AMP2】 リードギターの音作りを紹介します!

フォロワー数

Instagramのアカウント作成開始一週間で、現在のフォロワーは49人になりました。
Twitterへ動画をアップした時よりも、コメントやいいねなどの反応の数がInstagramでは圧倒的に多くあり、驚きました。

ちなみに、自分からとりあえずフォローしまくってフォロバを待つ!という方法は好きではなかったので、やっていません。

投稿に対して、いいと思ってくれた人がフォローしてくれることを目指すスタンスで、これからも続けていきます。

ストーリーや、カバー(いわゆるサムネ)等も、使い方を勉強していきながら、今後の経過もブログで発信していく予定です。

インスタ×ギター動画のメリット

guitarstagramに向いてる人

まだ始めたばかりなので、直近の感想になってしまいますが、
現時点だと以下のような人は、やってみる価値があるかもしれません。

  • YoutubeやTwitterの反応が少ない人
  • 今まで投稿した弾いてみた等動画のストックがある人
  • 演奏をより多くの人に見てほしい人

guitarstagramのメリット

こちらも開始一週間で感じたメリットなのですが、

  • 演奏を見てもらう機会が増える
  • 過去の動画が蘇る
  • 反応が多く、コミュニティに入れた感がして楽しい
  • YoutubeやTwitter、Blog等と連携しやすい
  • SNSフォロワーや知名度の少なさをタグがフォローしてくれる

結構いいことありました。
特に二個目は最高ですね。
(余談:自分の昔の演奏を改めて見ると上達にもつながります。)

Instagramを続けていくモチベーションになりそうです。

おわりに

ここまで読んでいただき有難うございました。
もう少し頑張ってみて、また記事で報告します。

スポンサーリンク
Yuto&Meeの最新情報